2011年05月04日

在日米海軍司令部主催 横須賀基地見学ツアー その1(司令部編)

Twitterの在日米海軍司令部(@CFNJ)で募集していた、フォロワー限定横須賀基地見学ツアーに当選しちまいまして(倍率20倍?)、
行ってきました。

うちから乗り継ぎがいいと、基地まで1時間なんですよね(逗子駅で乗り換えがよければ)。
けどイベント時位しか滅多に入ることはないし、近くて遠い存在って奴です。

入門時には
・本籍記載のある運転免許書
・パスポート
・住民基本台帳カード
のいずれか1点の提示がいります。なぜ本籍記載?理由は「お察しください」だと思います。
てなわけで、入門証を頂きまして中にはいります。
_IGP6707~3.jpg

まずは、正門入ってすぐにあった、在日米海軍司令部と右隣が横須賀基地司令部です。
左側の在日米海軍司令部は、旧帝国海軍横須賀鎮守府の建物をそのまま使用しているそうで、
当時の日本海軍の好みがそのまま伝わってきそうな感じです。
_IGP6710~2.jpg

エントランスには、指揮系統順に写真が飾られています。
_IGP6713~2.jpg

もちろんトップはオバマ大統領。隣はゲーツ国防長官、今知ったけど6月に交代だって??
_IGP6714~2.jpg

反対には、材日米海軍司令部が管轄する基地の空撮と指揮官と先任士官が掲示されていました。
右上のはインド洋上の孤島・ディエゴガルシア島です。ここも在日米軍の管轄でした。
_IGP6716~2.jpg

そして隣の横須賀基地司令部に。こちらも旧日本海軍 海軍艦船修理部の建物とか。
_IGP6737~2.jpg

役割としては、横須賀基地に所在する部隊(第7艦隊)に対して、支援や設備を提供です。
中には旧帝国海軍・横須賀鎮守府の歴代司令官の写真、その隣には歴代の米海軍横須賀基地司令官の写真がありました。
海軍って、一時は敵と味方に分かれても、終わってしまえば同じ海の仲間って感じなのでしょうか。シーマンシップって奴ですかね。
(イギリスとアメリカも独立戦争の時やりあっても、その後今に続く友好関係ですね、)
_IGP6724~2.jpg
_IGP6725~2.jpg

ちょっと重厚な歴史を感じるエントランス
_IGP6723~2.jpg

また中には横須賀基地指令部の指揮系統ごとに写真が。下段中が横須賀基地司令官、左が副司令官(女性)、右が先任伍長
_IGP6730~2.jpg

中のエントランスの机に、海軍兵学校の教本が置いてありました。
_IGP6732~2.jpg

さて、これからはバスで基地内を巡ります。
_IGP6739~2.jpg


posted by wk at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。