2011年06月20日

O-GPS1 予約したので情報あれこれ

GPSユニットはCP+2011で参考出品されていましたが、
アストロトレーサー」なんて裏技過ぎるw
『いつかは赤道儀使って撮ってみたいな』なんて思ってたのが、こいつで「ほぼ赤道儀」になるとは、ぶったまげました。




以前から星景撮ってた方々も注目ということで、「星ナビ」や「天文ガイド」でも作例が載ってましたね。
そこでの指摘は「画面の周囲が流れる」と言うことで、これはレンズの性質上しょうがないかと思ってましたが、
色々ブログ検索などしていくと、先人「星撮り猛者」たちの発想は、我々「星素人」では考えられないレベルでした。
・フル対応のレンズ(つまりDA以外)を使えばいーじゃない!!(SMC-P〜FA)
・いっそ645のレンズ使えば、周辺の不味い部分飛ばせるじゃん
・BORGに「マルチフラットナー1.08×DG」と言うのがあり、これにFLレンズを組み合わせ・・
・マクロ
等々と、なかなかでした。

とりあえず自分は、A35F2とかA50F1.7が1万円くらいで中古見つかれば使ってみたいな、
それ以上出すならいっそ、DA35F2.4でいいじゃん、あれフルで写るらしいし、
FA50mmにする位ならFA43lim・・・
まさかGPSユニットで新たな沼の入り口が開いてるとは思いもしなかった。


蛇足かもしれませんが、作例ページの各種露出
http://www.pentax.jp/japan/products/o-gps1/astrotracer.html
微妙に絞ってるけど、これは開放だと甘いといわれてる・・・げふんげふうん


posted by wk at 21:46| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。