2011年06月23日

速報:O-GPS1届いたのでアストロトレーサー(AstroTracer)軽く撮ってきました。

星撮影の知識ゼロでこれだけ撮れちゃう

作例って程例になるか•••
iPhoneのアプリで撮りながら確認したら、さそり座のアンタレスだと思うのですが。
撮影地:神奈川県三浦市 K-5+DA15-55 F5.6 180sec ISO800
RAW+で撮ったやつからリサイズしただけです。

_IGP7980~2.jpg

景色が入るとこんな感じにブレブレ(てか入ってるのワカランかった)
更に縦にしてみたら流れるし、
_IGP7979~2.jpg

なんか、今日届いたんですよ。
で、日没から月の出までなら撮影できるかなと、車で1時間位の所を選んで撮ってきました。
海沿いだったで、湿度多いのは覚悟の上
いや、山の方行こうとすると1時間半かかるし、なんか曇ってそうな情報で。
結局数枚でした。

精密キャブリエーションを忘れると、流れ方が大きくなります。
精密キャブリエーションは、GPS衛星を多く捕まえようとするのだろうか?
画面の説明の通りの動かし方では成功せず、首を回す体操のようにやったら出来ました。
あと近くに磁気を発する物(エンジン回してるクルマとか)からは少し離した方がいいみたい。
練習しておきましょう。

今回長時間NRオフにした割には、DR拡張入れてたり(普段ON)
この辺りの細かい設定は今後模索だろうな。


あと、
・無限遠にするのを忘れない。
・構図の確認は、一度高感度撮影してみる
・月出入りを確認→国立天文台暦計算室
・上着は一枚多めに持つ



これ読んでから撮りに行けたら違ってたかもしれない

ペンタックスの「アストロトレーサー」に迫る
〜どうやって赤道儀不要の天体追尾を可能にしたか
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20110624_454521.html
タグ:K-5 O-GPS1
posted by wk at 23:39| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。