2014年01月02日

コミックマーケットのコスプレ撮影で「PENTAX K-3」のローパスセレクターを試してみた

前回に引き続き、RICOHイメージングのモニターで「PENTAX K-3」を借りて撮影しています。

すっかり年末(あとお盆)最大のイベントの一つとして有名にになってきた「コミックマーケット」、
普段風景撮影だけですが、この時は外付けストロボ付けたりして、ポートレート撮影マンとなります。
そして年2回なんで自分も「ネタコスプレ」して撮って撮られて、
ごくごく一部では「K-5の麻呂」って言われてます。

今回は、2013年12月29日から31日にかけて東京ビックサイトを隅から隅まで全部使って開催され、
「コミックマーケット85」です。
毎回3日間の日程ですが、今回3日目31日は自分が出展する側(工場夜景本&卓上カレンダー)だったので、29〜30の計2日間の撮影でした。
ローパスセレクターもType2に設定し、ND4フィルター装着で、1/2000が1/500になる様に。

まず結論としては、
・ローパスセレクターの効果を確認できた
・丸一日、ローパスセレクターを使い快適な撮影結果が得られます。
・モアレ偽色虹色キラキラは、見るモニタによって、気になる気にならないがある。
・屋外で外付けストロボを使用するときは、ND4フィルターを忘れないように。
と言った所でしょうか。

以下の画像は、普段ならAdobe Lightroomで仕上げるのですが、
Mサイズ14M★★程度にリサイズ+Lightroomで署名加えた程度にしてあります。
また、モデルになって頂いた方に、ここに載るかもだけど良い?→OKと確認済みです。
PENTAX K-3 USER'S 

VOICE



まずは、すっかり有名になったネタコスプレ自宅警備隊N.E.E.T vs 対抗(矯正?)勢力武装職安隊のカメラ対決です。
左の武装職安隊員広報担当幹部「華音」さんはなんとK-7ユーザーでした、
自宅警備隊隊員「修正液」さんはどうやらQ7の様です。やはり働いてないの分が悪い?w
この1枚、化学繊維の服なのでモアレ偽色虹色キラキラが出易い所でしょうが、見つけられないので、
ローパスセレクターが効いてるのだと思います。
IMGP0379.jpg
DA40XS 1/320 f4.5 ISO200 ストロボ発光

そして、コスプレイヤー友達の友達からモデルしてくれる方を探しまして、ポートレートっぽい撮影へ

こちらは、鳥竜司 さんと ぽち さんです。
被写界深度を稼ぐために少し絞りましたが、この方が絞り込んだ事でレンズのキレが増して、
ローパスレスによるデメリットが出やすいはず〜が、全然見つかりません。いい写りだと思います。
IMGP0392.jpg
DA40XS 1/250 f5 ISO200

また、昴流青 さん と さんのコスプレですね。
こちらも上同様に少し絞りました。またモアレ偽色虹色キラキラなんて物は見当たりませんね〜。
IMGP0440.jpg
DA40XS 1/500 f5 ISO200

この様な感じで、状況により
「ローパスセレクター ONにしっぱなしで撮影」はアリじゃないでしょうか、
ローパスセレクター・ブラケットも欲しい所ですが、ONにしたままでテンポ良く撮影出来るのも、また良い物だと思います。

絞り開放f2.8で撮ると、人の前後でピントが合わないてか薄いと言うのは、
普段風景夜景で行き渡る事を意識して撮っている身としては間逆なので難しいですね、
IMGP0444.jpg
DA40XS 1/160 f2.8 ISO200 ストロボ発光


そして、ここで初日の話なのですが、
ローパスセレクターの事、すっかり忘れて全部OFFで撮影していました!!orz
気が付いたのは帰る頃。
そして帰ってからモアレや偽色の発生等確認しましたが、出てる事は出てるなあ、
しかし目立つ物は無く、まーなんとか行けるかな?って所です。
「等倍でPCモニタでは見つからないけど、240dpiのタブレットでは見つかる」
位なので、見る環境によっても目立つ目立たないが有るのかもしれません。
しかも、外付けストロボで屋外で撮影 で忘れていた事は、
ほぼハイスピードシンクロ=シャッター速度が1/2000行くのもザラになるので、
ND4フィルターも要りますね。帰りに買いました。


ストロボは、メッツの「MECABLITZ 50AF-1 digital」を使っています。メッツは自然光に近いらしいですが、他を使った事が無いので(汗)。
調光の方は暴れたりした記憶無いなあ、ちゃんと撮れてる印象。
今はモデルチェンジして「MECABLITZ 52AF-1 digital」となったようです。
このモデルから、SERVOというマニュアルスレーブ発光時に同期するフラッシュを学習できる機能があり、周りに他のストロボやモノブロックが有ろうと一度光らせて学習で覚えさせると、それを元にワイヤレスで同調って機能がとても気になります(まあ多灯ライティングなんて何時するんだかって話も)




モデルをして頂いた方&コスプレイヤー紹介してくれた「ひきごめ」君ありがとうございました。

以上、PENTAX K-3のローパスセレクターを試してみたでした。

posted by wk at 21:41| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。