2017年03月19日

PENTAXのアストロトレーサー(GPS簡易赤道儀)を使ってもう五年位でまとめてみました

発売日から使ってたので、もうそんなに経ってて、改めて数えてびっくりした。

アストロトレーサーの精密キャリブレーションのコツ。
精密キャリブレーションの時は、鉄とかモーターとか車とかから少し離れると決まりやすい。
あと、∞マークにカメラ振り回しつつ、手首ウネウネやってると、すぐ決まる。

アストロトレーサーで露出の決め方(我流・キットレンズ編)
遠くの明かりでもいいし、ISO12800でも良いから、ピントを合わせる。
精密キャリブレーションを行う。
カスタムイメージを「雅」か「リバーサルフィルム」にする。
ホワイトバランスを4000Kにする
RAWで撮る
1.​60s f5.6 ISO3200 で1枚目
2.暗かったらISO上げ6400、明るかったらISO下げ1600と周りの光害にあわせる。
3.露出が安定してきたら、秒数を倍にするけど、ISOは半分にする。
4.いくつかの秒数ISOで撮った後、現像で色々弄って完成
※キットレンズ以外の単焦点とか17-50/2.8なら、1段くらい絞って使う。

PENTAXのアストロトレーサーにオススメのレンズ
理想を言えば、歪曲収差と色収差が少なめなのが良い。
センサーが動くので、歪曲収差の影響を受けやすいみやいです。

タムロン17-50/2.8<コスパ最高、絞りf4で万事OK。
普段使いにもばっちぐー

DA18-55でも高原等場所が良ければ、ISO1600〜3200の絞り5.6、90〜120秒位で天の川撮れる!。
三浦半島の城ヶ島付近で、K-5 DA18-55 ISO1600 105s 現像でトーンカーブいじりまくった。
IMGP8291-LR4m.jpg

広角ほど四隅が放射線状に流れるので、買えるなら魚眼オススメ、目立たない。
DA10-17、色収差対策で5.6まで絞って120秒、ISO3200で天の川。三重県・紀伊長島で
IMGP2288-LR6m.jpg

DA70とかDFA100辺り<望遠で難易度増すけど、星雲星団向き
望遠になるほど流れやすいから、ISO上げてでも秒数短く15〜30s、ISO1600-3200その時次第。
IMGP2279-LR6m.jpg
(ただDFA100は開放だと色収差出るし普段使っててもボケがザワザワしちゃって、タムロン272Eの方が良かった)

ラスボス DA★300/4 F4開放 30秒 ISOは状況次第で1600前後
冬の本栖湖畔
IMGP7954~4m.jpg
オリオン座大星雲とバラ星雲もハッキリ(これは場所も天気も良かった
IMGP7964~4m.jpg

亡霊リケノン135/2.8
古いレンズなのになかなか良い、アストロトレーサーのために買った。5000円。
ただ数が少ないので、SMC-M135mmも良いかもしれない。
(あと、リケノン135mmは恐ろしく逆光に弱いので、デジタル時代には普段使い無理)
IMGP7944~4m.jpg
注:光害カットフィルターで色が少し変です

PENTAX アストロトレーサーでハマった点
安い三脚が風に負けてブレる。
90mmのオールドレンズ買ったら、焦点距離入力に設定が無かった。
ズームレンズはテープでズームリング止めないと撮ってる最中にズレる
精密キャリブレーションは、レンズ変えたり場所移動する度に、マメに行う。
出掛けた先で忘れ物

ソフトフィルターは必要?
三脚に据えて10秒ISO3200位で撮れば撮れるけど、星が線状になってしまうのを、ケンコー プロソフトンA使い誤魔化す的な。強調効果もあり。
ただ、ピントが合わせづらくなるし、好みもあるので、有無両方撮っておけば良い。
posted by wk at 22:29| Comment(0) | 天体・星景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。