2017年03月26日

MZ-7を500円でジャンク箱から救って試し撮り

ふらっと寄ったリサイクルショップ、フィルム時代の中級機 PENTAX MZ-7500円でありまして
MZ-3だとミラーが動かなくなるトラブルが多いって話ですが、こっちは聞かないので。
あと、Kマウントのフィルム機だと、SF7もあるのですが、あれ露出補正が備わって無くて。
B435CD3A-CC5F-41B7-96BB-A677E6EBBB17-2.jpg

光るモードダイヤルです
44CC2A5D-2FA9-483C-8935-07162C5403CD-2.jpg

フィルムは富士・業務用ISO400で試写してみました。
結論としては、大当たり、壊れてる所が見受けられない。

DA★300f4、ボディ内モーター用カプラが備わってるので、AF出来ます。SDMじゃないけど
88E4236E-40A9-467E-914F-4CC1B5E520E4.JPG
腰越駅前
FH000018.JPG
FH000013.JPG

タムロン SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO MODEL A09
ちょっと濃い発色ですね。
FH000005.JPG

FA43mm Limited
FH000012.JPG
やっぱ、フィルム時代のレンズの方が彩度が有ってる気がします。
FH000010.JPG

デジタルでホワイトバランスを自由にいじれる事に慣れてしまってたら、
こーゆー時に色がちょっと変に感じますね。気になるならカラーフィルター付けなきゃですが。
あと、ISO400のフィルムの粒状感ってこんな物だったっけなー(忘れた

posted by wk at 12:53| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

PENTAX機でNikonの古いストロボ(3000円)を試してみたレビュー

ファイル 2016-02-14 23 53 13.jpeg

はい、ストロボです、ニコンでは「スピードライト」って言うんでしたっけ。
最寄りのコンビにより手前にあるハードオフで3000円。
SB-25 という品番で、どうもフイルム機のF4の頃の物らしく、あまり情報が無いですが、
ガイドナンバー50ということです。
あと元々持っていた「Metz 50AF1」
と大きさも同じですね。

なんでこれを買ったかというと、「外光オート」でPENTAX機で使えそうだったからです。

ダイヤルを「X」にセットし、SS 1/180、(Xの無い機種はMで SS1/160?)
ストロボの方は、「A」位置にして、絞り値とISO感度セット、焦点距離も35mm換算で近い物にセット。

バッチリ撮れました。
IMGP2709.JPG

ここでキーワード1になるのは「外光オート」という奴で、これはストロボの方で測光し光量を調整してくれる機能、つまりホットシュー接点で発光信号だけ受ければ使える。
http://panasonic.co.jp/es/pespl/products/strobe/strobe_knowlage.html
(↑今ではOEMしかやらなくなった?、パナソニック・フォトライティングのページ。ちょっと前までは、外光オートのストロボがラインナップにありました)

この外光オートが最初に買ったストロボ、「Metz 50AF1」には無かった!!。
ただし、ペンタックスのP-TTLオートには対応しています。

更に色々調べていたら、PENTAXの現行ストロボの「AF540FGZ」の1つ前、
「AF500FTZ」、GがTになっている物、これはなんと元々「外光オート」機能を積んでないらしい!!
さらに、開発がフィルム時代のようで、istDシリーズまでは対応してますが、Kシリーズのデジタルから非対応になったようです。色々難しいんでしょう。
中古で結構出ていますが、マニュアル調光で良いなら、まあ、、、
(ただマニュアルだとサクサク撮れませんよね、結婚式とか)

話を元に戻すと、それで、なぜこのSB-25かというと、外部パワーパックに対応してるのと、チャージも案外速かったのと、
人柱←ですね。

意外な発見としては、
露出ブラケット撮影時、ワンプッシュブラケットで3枚でも5枚でもシャッター分光る辺りです。
Metsのストロボは、シャッター分けて押さないと光らないんですよね(ペンタ純正も?らしい)。
この辺りは純正を上回る使い勝手です。
なお、露出のブラケットは絞りの±だけで撮れてました。

そんな訳で、同じSB-25をもう1台見つけ、ラジオスレーブでも使って中古2灯の予定です。

時には外光オートで、時には2灯で、でも結婚式のようなサクサク感欲しいときは、
P-TTLに対応しているMetsで、こんな感じの運用で考えています。
posted by wk at 00:02| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

100均でリモコンケース

ダイソーで見つけた「ライターキーホルダー」
これを見た瞬間「リモコンケースに使えそう!」
と思い買ったら見事にリモートコントロールFにピッタリ。
あれストラップつける穴も無いんですよね。
83E6208A-7185-4A97-8826-DED0ECF35459.jpg

赤外線リモコン、夜景撮影だと有れば便利。
飛行機の軌跡入れる時は2秒タイマーだとタイミングが合わない!けど忘れた。
なんて事が減らせそうです。
F00BC7D4-D06D-4170-98F0-86EB69AD8D81.jpg



posted by wk at 12:54| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

PENTAX K-3 のL型ブラケットを、大陸から通販で買ってみた($69)

前から欲しいなと思ってたんですけど、三脚据えて取るので夜景撮影とかには便利そうなコイツ。
自分にはバッテリーグリップよりこっちかな?
K-3用は何処からも発売されていなく、またK-5 K-7用も使えるとかいう噂もあり、色々探してたら、
大陸のBtoB「アリババ」の直販サービス、Aliexpressに有ったのを見つけて、値段もお手ごろなのでポチっと人柱。
peypalも使えないクレカ決済、一応念のため、Gメールの別アカウント使ったり等も気を使いましたが。
・Free Shipping(送料無料
・Arca-Swiss SUNWAYFOTO kIRK RRS Compatible(アルカ・サンウエイ・KIRK 互換
・$69(1US$=108円頃
K-3-L.jpg

配送はこんな感じでした、トータル2週間ですね。
1.12時間位で発送しましたよ、Chinapostの追跡番号はこれよの連絡
2.番号追跡サイトで上がってきたのが5日後、「Dongguan」という所でした。調べたら香港と広州の間
3.↑から5日後、広州で「customs」とあって、通関中
4.通関翌日、Airportだから飛行場に行った模様
5.飛行場に乗せられてから3日後、無事配達。




見た目が無事じゃない


IMGP9269_1~2.jpg
それに、税関への申告が「15USd」って。
ROYAL MAILも箱入りの封筒で、中の箱が封筒の形してた時があったけど、あれは自転車ウエアだから良かったけど、これは・・・・
中身を気にしながら開封




無事じゃなかった


完全にコンクリートか何かに擦った跡が、恐るべしChina Post
IMGP9272_1~2.jpg

ともあれ装着、流石専用デザインになってるだけあり、マイク端子を避けているし、他の端子も使えそう。
IMGP9274~2.jpg

底面には通常の三脚穴も。アルカタイプ以外はここにという訳ですね。
メインのねじはマイナスが掘ってあり、緊急時にはコインで外せそう。これ結構気になってたから良かった。
脱落防止の小さいボルトも「お好みにより外してください」なのかレンチ付き。
IMGP9275~2.jpg

流石専用デザインとだけあって、この辺りはぴったりフィットしています。
IMGP9279~2.jpg

上海問屋で購入したノーブランド雲台でノープロブレム。
IMGP9282~2.jpg

プロブレムとしたら輸送か。
とりあえず、傷の部分は黒のペイントマーカーで塗ってみた。
まあ使えればいいわ。アルマイトなのに惜しいが。
IMGP9276~2.jpg

※この様に損害を追っていますので、各々方におかれましては、購入して損害を受けても責任取れませんw

タグ:K-3 三脚 雲台
posted by wk at 15:10| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

PENTAX K-3 で撮る冬の花火・横須賀カウントダウンイベント


横須賀駅前のヴェルニー公園より DA15mm Limited

前回に引き続き、リコーイメージングのモニターで「PENTAX K-3」を借りています。
普段ならLightroomで仕上げるのですが、モニターっぽく全て撮って出し・カメラ内現像にしました。
PENTAX K-3 USER'S VOICE


いやあブログの更新がおっつかないw一応時系列追って書いてます。

12月31日深夜、横須賀へ行くと、そこは海上自衛隊・アメリカ海軍の艦艇が「電灯艦飾」という、艦艇を電灯で飾っております。
年に数回こういう事が有ります。
左から、おおなみ>てるづき>ひゅうが

DA18-135mm

左から、海自潜水艦(艦名不明)>カーティス・ウイルバー>ジョン・S・マケイン

DA18-135mm

0時のカウントダウンと共に花火打ち上げ!!&サーチライト&汽笛が一斉に
サーチライト聞いてねえ!
花火撮影の絞ってISO100ケーブルレリーズじゃ写らないと思ったので、急遽ISO3200に。

DA15mm Limited

それ以降は通常の花火撮影っぽく、カスタムイメージ雅 で



DA15mm Limited

また別方向からも

DA15mm Limited

護衛艦入れようとしたら角度が広がっちゃって構図が難しかったですね、
あとサーチライトの時に慌てて絞り切って無かった。

ここで気がついたのは、花火の明るさで、一発でピント合う辺りでしょうか、K-5だったら厳しいかなあ?。
AF補助光はOFFにしっぱなしでしたが、花火上がる前から一発で合う感じで、
花火撮影中に寄りたいとか、あっ方向違った〜とか、そういう急な場面にも対応しやすいと思います。

以上、あまり上手くいかなかった?花火撮影でした。

posted by wk at 17:14| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする