2011年05月04日

在日米海軍司令部主催 横須賀基地見学ツアー その1(司令部編)

Twitterの在日米海軍司令部(@CFNJ)で募集していた、フォロワー限定横須賀基地見学ツアーに当選しちまいまして(倍率20倍?)、
行ってきました。

うちから乗り継ぎがいいと、基地まで1時間なんですよね(逗子駅で乗り換えがよければ)。
けどイベント時位しか滅多に入ることはないし、近くて遠い存在って奴です。

入門時には
・本籍記載のある運転免許書
・パスポート
・住民基本台帳カード
のいずれか1点の提示がいります。なぜ本籍記載?理由は「お察しください」だと思います。
てなわけで、入門証を頂きまして中にはいります。
_IGP6707~3.jpg

まずは、正門入ってすぐにあった、在日米海軍司令部と右隣が横須賀基地司令部です。
左側の在日米海軍司令部は、旧帝国海軍横須賀鎮守府の建物をそのまま使用しているそうで、
当時の日本海軍の好みがそのまま伝わってきそうな感じです。
_IGP6710~2.jpg

エントランスには、指揮系統順に写真が飾られています。
_IGP6713~2.jpg

もちろんトップはオバマ大統領。隣はゲーツ国防長官、今知ったけど6月に交代だって??
_IGP6714~2.jpg

反対には、材日米海軍司令部が管轄する基地の空撮と指揮官と先任士官が掲示されていました。
右上のはインド洋上の孤島・ディエゴガルシア島です。ここも在日米軍の管轄でした。
_IGP6716~2.jpg

そして隣の横須賀基地司令部に。こちらも旧日本海軍 海軍艦船修理部の建物とか。
_IGP6737~2.jpg

役割としては、横須賀基地に所在する部隊(第7艦隊)に対して、支援や設備を提供です。
中には旧帝国海軍・横須賀鎮守府の歴代司令官の写真、その隣には歴代の米海軍横須賀基地司令官の写真がありました。
海軍って、一時は敵と味方に分かれても、終わってしまえば同じ海の仲間って感じなのでしょうか。シーマンシップって奴ですかね。
(イギリスとアメリカも独立戦争の時やりあっても、その後今に続く友好関係ですね、)
_IGP6724~2.jpg
_IGP6725~2.jpg

ちょっと重厚な歴史を感じるエントランス
_IGP6723~2.jpg

また中には横須賀基地指令部の指揮系統ごとに写真が。下段中が横須賀基地司令官、左が副司令官(女性)、右が先任伍長
_IGP6730~2.jpg

中のエントランスの机に、海軍兵学校の教本が置いてありました。
_IGP6732~2.jpg

さて、これからはバスで基地内を巡ります。
_IGP6739~2.jpg
posted by wk at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

中古(ほぼジャンク)のThinkpadX60にUbuntu

Thinkpad X60(1706-BJ2)
Lenovoのサイトにこの型番載ってないから、どこかの企業が特注したモデルかな?
CoreSoloT1300(1.66G)/メモリ1GB/HDD40GB/SDカードスロットあり
IMGP6686~2.JPG
表示してるソフトはGIMPです

普段、PC使っているのって2ch、Twitter、ブラウザ(動画サイト)ばかりで、
500w電源積んだCore2Quadでは無駄な気がしていたのと、
かねがねモバイルノートが欲しいと思っていた。

一方、VMwareでUbuntuの仮想環境が組めると聞き、体験がてら環境作って遊んでました。

ある日ひらめきが
「そうだ、ジャンクPCかAtom積んだネットブックにUbuntuで事足りるんじゃね?」

と言うことで、その週の平日はヤフオク等でジャンクの情報集めつつ、週末秋葉原へ。
選択肢は2つ
1.ノートと言ったらThinkpad、保守マニュアルがLenovoからPDFで入手できて、パーツもヤフオク等で豊富、ジャンク初心者向け
2.中古のAtomネットブックだったら、程度の良く比較的新しい物がありそう

しかし、中古Atomネットブックは最低でも2万以上、
一方、中古ジャンクのThinkpadはタマが豊富、企業のリース切れ品が多いんでしょう。
そこでターゲットをThinkadに定め物探し。
仕事でThinkpadに触る機会が多かったので、知識は多少あり。
モバイルっつうことで、A4のTシリーズかB5のXシリーズ、
だけどXシリーズの方が歴史が長いのでタマが豊富。
X30系X40系はPentium機、これは1万以下。
その次のx60系はCore2だったりCoreSoloだったり、一番大きい点は「ハードディスクがX60(T60)系からシリアルATA」って事です。
後々SSDにしたくなったら、その方が良いじゃん〜
と言うことでX60系に狙いを定め、その中でCoreSoloのX60がジャンクバッテリー不良状態OS無\15800であったので購入。
ついでに別の店でIBM純正USB-CDROMが\1000だったので購入。
確かXやTの60系からはUSBブート出来たはずという、これも仕事で使ってた記憶があったが、
このUSBーCDROMなら確実にブータブルCDから起動できるという記憶と実績が勝っていたので、念のため。
しかし、インストールはUSBメモリにインストールメディアを作りThinkpadにインストール。

一番の壁は無線LANでした。
本体にON/OFFスイッチは有るけど「モジュールを積んでいない」パターンでした。
Thinkpadにはよく有るパターンです。同様にこいつ電話ジャック付いてるけどモデム積んでない。
似たような型のThinkpadX60にUbuntu入れて内臓の無線LANモジュールドライバ当てて動かした人のブログにコマンドまで載ってたので、一通りやったけど認識しない=積んでないと諦め。
Lenovoのサイトに行くと保守マニュアルがPDFで有るのでそれに従い分解すれば確認出きるけど、後日にする事とし、
とりあえずタワーPCで使ってたIO-DATAUSB無線LANアダプタのWNーG300Uを挿した所あっさり認識、そのままSSID入れて使えました。
けど出っ張るなぁ、と言うことで地殻の電器屋に用が有ったついでに出っ張らない無線LAN子機を1200円で調達。
PCIのGWーUSNano2-Mです。パッケージにとか書いてありますが、無線LAN子機としても使えると(というか出っ張らないのはこれしか無かった)。
そして挿したが一発で認識するわけが無い、ブログとか検索すると皆さん苦労されている模様。
そこでまた検索をしていくと、どうも「RealtekのRTL8192CUのチップで、Realtekの Linux ドライバで動く」という情報を掴んだので、
早速Realtekからダウンロードして当ててみると、無事認識。
参考にさせていただきました。ありがとうございます。
http://masaoo.blogspot.com/2011/02/ubuntu-de.html




しかし、一応内臓無線LANモジュールはヤフオクで探しておこうかな、Windows入れないとも限らないし、有れば有ったで。
それとバッテリー死んだままは案外不便だから、これも探そうっと。
ラベル:thinkpad ubuntu
posted by wk at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

ブログを作成しました

投稿練習がてらに、

PENTAX K-x DA55-300
IMGP1623~2.jpgIMGP0335.jpg

PENTAX K-x DA18-55
IMGP1247~2.jpg
posted by wk at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。